スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純正オイルフィルター比較

fil1.jpg
15410-KYJ-901(左)と15410-KF0-315(右)

純正オイルフィルター比較
今夏は北海道に行けなかった・・・ので小ネタでも書かないとblogの意味が無いかなと、いうわけでネット上にホンダ純正のオイルフィルターが2種類あると書いてあったので両方買って比較をしました。15410-KYJ-901(タイ製:普通はこっち)と15410-KF0-315(日本製:流用できる同じサイズ品?)の比較になります。

共通点
値段・・・どっちも630円(2014年8月時点)
サイズ・寸法

違いその1:入れる向き
下図にもあるようにタイ製は穴の開いてない面に『OUT-SIDE』=外側とあり、日本製は『TOWARDS ENGINE』=エンジン側とあります。CBR250R(MC41)ではタイ製の向きが正解となります。おそらく日本製のほうはその向きで入れるエンジンが他にあるのでしょう。そのモデルのパーツの流用が出来る(※自己責任でお願いします)という事なのだろうと思われます。
fil3.jpg

fil4.jpg
日本製に入ってる紙の説明書。CBRはこの向きじゃないよ!

違いその2:質感
fil2.jpg
↑フィルターの目が日本製の方が均等でまっすぐなのが分かります。また紙の質感、金属の処置痕?(3つ上の写真の中央のくぼみの中の痕)も日本製の方がいい処理をしてる感があります。

結論
日本製でいいんじゃないかと。入ってる紙の向きには入れないという事さえ守れれば。ただし、あくまで素人が見た目で判断した記事ですので、タイ製のほうが性能はいいかもしれませんし、自己責任でどうぞ。

※写真はカメラを近づけて撮ったので歪んで見えますが、上面と下面の平行はどちら製もそろってます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。