スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤ交換しましたよ


純正のRX-01は18,000kmでリアの溝が無くなり・・・



3年も経つとフロントの溝にヒビが目立ってきたので・・・



RX-02に



履き替えましたよ

費用メモ
Naps横浜店 (10%offのイベントでさらに10%offセール中)全て税込
・IRC RX-02 110/70-17  6,309円
・IRC RX-02 140/70-17  8,633円
・バルブ ダンロップX2  542円
・工賃前後交換同時  3,780円

合計 19,264円

んー、Napsは工賃高いのかな。タイヤ外して持ち込んだ方がたぶんお安い。
2万km持ってくれると1kmあたり1円でいい感じかな?

RX01との違いはよく分からない。多分大差ないw
スポンサーサイト

純正オイルフィルター比較

fil1.jpg
15410-KYJ-901(左)と15410-KF0-315(右)

純正オイルフィルター比較
今夏は北海道に行けなかった・・・ので小ネタでも書かないとblogの意味が無いかなと、いうわけでネット上にホンダ純正のオイルフィルターが2種類あると書いてあったので両方買って比較をしました。15410-KYJ-901(タイ製:普通はこっち)と15410-KF0-315(日本製:流用できる同じサイズ品?)の比較になります。

共通点
値段・・・どっちも630円(2014年8月時点)
サイズ・寸法

違いその1:入れる向き
下図にもあるようにタイ製は穴の開いてない面に『OUT-SIDE』=外側とあり、日本製は『TOWARDS ENGINE』=エンジン側とあります。CBR250R(MC41)ではタイ製の向きが正解となります。おそらく日本製のほうはその向きで入れるエンジンが他にあるのでしょう。そのモデルのパーツの流用が出来る(※自己責任でお願いします)という事なのだろうと思われます。
fil3.jpg

fil4.jpg
日本製に入ってる紙の説明書。CBRはこの向きじゃないよ!

違いその2:質感
fil2.jpg
↑フィルターの目が日本製の方が均等でまっすぐなのが分かります。また紙の質感、金属の処置痕?(3つ上の写真の中央のくぼみの中の痕)も日本製の方がいい処理をしてる感があります。

結論
日本製でいいんじゃないかと。入ってる紙の向きには入れないという事さえ守れれば。ただし、あくまで素人が見た目で判断した記事ですので、タイ製のほうが性能はいいかもしれませんし、自己責任でどうぞ。

※写真はカメラを近づけて撮ったので歪んで見えますが、上面と下面の平行はどちら製もそろってます。


CBR250Rはドリーム店で

CBR_B000.jpg
キーホルダーはカッコいい

理由1:意外と安い
HONDAドリームと聞くと「お高い」と言うイメージがありますが、CBR250Rに関してはそんなに高くありません。と、いうものドリーム店では本体価格は高めなのですがその他の費用が安いのです。他店で掛かる納車整備費用と言う項目がありません。私の契約書では手続き代行費用25,200+防犯登録1,050+ナンバー代520+自賠責(期間によりますが他店でも同額)が本体価格以外に必要な費用でした。つまり本体価格40万程度のバイクですと、1割高くても総額ではあまり変わらないばかりか決算セール時などはむしろ安いという事態もあります。これが80万、100万のバイクだと本体が1割高いだけで相当な差になります。近くに店があってご購入を考えている方は見積を取りに冷やかしに行くことをお勧めします。

理由2:車種特有の問題を把握してる
ホンダ車に関してのノウハウはやはり多いと思います。メーカーからのフィードバックも当然多いですし。私の場合、納車時の整備シートに「ステムベアリングの交換」という項目があったので聞いたのですが、ベアリングのグリス不足で錆びる車両が多いので調べたら錆があったので交換したとの事でした。もちろん追加料金は掛かってません。


理由3:安心の国内仕様
CBR250R(MC41)は流通が分からないです。本当に。タイ仕様、インド仕様に加え、確かEU仕様なんてものありました。これらの並行輸入品はリコール対象外ですので不安ですし、ホンダの新車2年保証も付いていません。しかもネットや実店舗でさえも仕様を明記していない店が本当に多いです。インド仕様の非ABSモデルではBYBREというメーカーのブレーキが付いていたりします(日本はABS,非ABSともNISSIN)。見えないところでもコストダウンパーツが使われている可能性は高いと思います。ドリーム店では新車は間違いなく国内仕様です。たぶん中古で並行輸入品は扱わないと思います。見たことがないので。万が一そうでも明記するはずです

いい事ばかりではないです
回し者ではない証拠にマイナス面も書きます。定期点検費用はどこよりも高いです。ドリーム店でも差があるのですが、私の購入店では6ヶ月点検4,725円で12ヶ月点検は15,750円もします。パック料金もあるのですがいつまで乗るか分からないバイクに3年先まで整備費用を先払いは・・・考え物です。ただし、メーカーの新車2年保証は定期点検を受けていればいいので、他店で定期点検すればこの問題は回避されます。(※この場合ドリーム店3年保証はなくなりますが)

また、個人的な経験ですが整備の人がそんなに信用できるわけでもないです。イメージとしてホンダの経験を持った熟練工が誠意を込めた整備・・・とか、考えがちですが実際は最近採用されたような若いにーちゃんがいじってるに過ぎません。中古車コーナーから整備所が見えるのですが、客のチェーンの張りをつま先でガシガシ蹴って確認してました。購入前でしたのでこの店は止めようかと思ったのも事実です。納車後すぐにカウルとってスライダーをつけたのですが、見えないところは全然拭いてなくてびっくりしたこともあります。

カスタムその01

CBR_A006.jpg
※ヘッドライトが2色だとおしゃれですよw

ポジションランプLED化
真ん中のヘッドライトの横のランプをポジションランプというらしいのですが、それをLED化しました。他の方のblogを見て安くできると言うのを知ってつい・・・私は送料込みで2個でたったの260円でした。定型発送してくれるAmazonが一番安かったです。T10という規格のLEDで9連というのを入れてます。多分この形がよいと思います。このバイクの反射板を生かすには円柱形の発光部の配置のほうが明るそうですし。同じ円柱形配置でも、5連だともう一段増やせるのにもったいないですし、その上の13連という形だと多分長さ的に入らないからです。9連も微妙に当たってる気もしますが^^;

省電力
CBR250R自体が常時フロントウィンカーを点灯させる方式で、消費電力多目ですし、あとあとETCとかナビ用にシガーソケット付ける場合にもなるべく省電力化しておくことはバッテリー的にも悪くないと思います。後ろから手を入れて回すだけで、5分ほどで終わる作業ですし。(詳しい方法は他の方のblogを見てください・・・)

肉眼で見たようになかなかうまく写らないのですが、夜の感じはこういう風になります






CBR_A014.jpg
ちょっとテンション上がる感じです。真ん中をオリジナルのランプの黄色で残すのも悪くない感じ。

CBR250R レプソルカラー購入!

CBR066.jpg
左、12年乗った下取り車。右、今回買った中古車

乗換え
騙し騙し乗っていたドラッグスターが白煙(オイルです)吹くようになったので、買い替えになりました。さすがに車検は厳しそうですし、オイル吸いながら走るのは健康にも悪そうなので。

次の車種条件
高速には滅多に乗らないので、250ccぐらいのロードスポーツがいいなと。車検のたびにノーマルに戻すのも面倒ですし。ドラッグスターより遅いのは無理なので、125cc以下は却下。そしてドラッグスターの経験上スポークホイールはもう嫌。つまりアメリカンとかオフはほぼ不可。

候補車種
CBR250R・・・○安い、燃費良い、カウル形状良い ×単気筒、信頼性不明
VTR-F・・・○高信頼性 ×高い、カウルいまいち
Ninja250・・・○安い、作り込みが良い ×カワサキ、色が嫌い

ほぼ決定
で、ホンダドリームで冷やかしをかけつつ、次期バイクはCBR250Rのパールヒマラヤズホワイト(新車)にほぼ決定しました。バイク便でCBR250Rを良く見かけるようになったので、このバイクは信頼性高いのかな?と思えるようになりました。

転機
決算セールでも来たら2013モデルの白で契約かな?と思っていたある日、ドリームの中古置き場に特殊色の「奴」が・・・。ちょうど慣らし終わったぐらいの距離で、交換しようと思っていたモリワキの虹色マフラーに交換済み。ガラスコーティング付き。それでもノーマルの新車と同じぐらいの価格・・・。

一旦帰宅
ちょっと待て、こんなうまい条件は無い。と思ったので、一旦帰宅してネットで例の特殊色の相場とか、中古相場を調べる。

契約
「ドリームの中古車だし、大丈夫でしょう」と、判断し翌日契約しました・・・。CBR250Rのナイトリックオレンジ色。通称レプソルカラーです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。